ショップリード文

「レシェティツキの弟子たち 第1集」 Pupils of Leschetizky Vol.1 (Pianists born from 1830 to 1875) SKRP78004

2,376円(税176円)

購入数
フランツ・リストと共に、ピアノ演奏の歴史に最も影響を与えた偉大な教師であるテオドール・レシエティツキ(1830-1915)。

その門下生ピアニストによる歴史的録音を、アンソロジー全5枚と各々のピアニストのソロCDで復刻する、レシェティツキ研究の集大成となる待望の新シリーズです。

第1弾は、1830年から1875年までに生まれた、もはや伝説的な9人のピアニストの演奏を収録(初出音源・初復刻音源 多数)。研究者ですら滅多に目にすることのない貴重なSPレコード盤を惜しげもなく網羅したサウンド・ドキュメンタリーとなっています。

特に今回が世界初復刻となるリー夫妻の1907年録音のピアノデュオや、ポーランドの貴族出身のショパン弾きド・ラドワン、色と光をテクノロジーで表現しようとしたマリー・ハロック、また有名な女流ヴィルトゥオーゾであったキャサリン・グッドソンが残した唯一の放送録音、フランスの秘宝ともいうべき素晴らしいピアニストであるマリー・ジロー、そして華やかなコンサートピアニストとしてその名を轟かせたグローネヴェルトなど、その全てが「音で聴くピアノ演奏の歴史」となっております。

また「ショパンを弾く (Chopin Playing)」の著者にてレシェティツキ研究の第一人者であるJmaes Methuen-Campbell氏による貴重なライナーノート付き(三つ折り6P、ピアニストたちの肖像写真も掲載)。

※「FRAGMENT of HISTORY」シリーズ

おすすめ商品